HOME>>他社製品比較




 顧客管理システムは様々な特徴を持った製品が数多く登場しています。導入においては、自社の用件との整合性や限られた予算枠での実現可能性が検討されます。ここでは、公開情報に基づいてBizMagicと他社製品の比較を行い、導入検討に向けた基礎的な情報を提供します。(※公開情報から詳細な条件などが不明な場合は、当社において仮説をたて推定しました)


 自社に環境を構築するモデルでの比較です。通常、パッケージソフトを利用する形態になります。

機能範囲の比較




ライセンス価格比較



※ユーザ数で変動するものは30ライセンスの価格になります。
※インストール、導入コンサル、トレーニングなどの費用は含まれていません。
※他社製品の価格は公開情報からの推定になります。

機能/価格マトリクス


※対象製品の機能範囲と価格を相対的に比較したものです。



製 品 評 価
BizMagic 豊富な機能。価格も比較的低い。
E株式会社 製品E 豊富な機能。高価格。EC運営などの機能が強い。
S株式会社I 製品e バランスのとれた機能。価格は比較的高め。
株式会社N 製品N バランスのとれた機能。価格も比較的低い。
S株式会社 製品S 機能は限定的。ユーザ数に変動しない価格体系。







 自社に環境を置かない、ASP・SaaSモデルにおける比較になります。主要なASPサービスとの比較を行いました。

機能範囲の比較




1年間の運用コスト比較



※ユーザ数で変動するものは30ライセンスの価格になります。
※インストール、導入コンサル、トレーニングなどの費用は含まれていません。
※他社製品の価格は公開情報からの推定になります。

機能/価格マトリクス


※対象製品の機能範囲と価格を相対的に比較したものです。



製 品 評 価
BizMagic 豊富な機能。価格も比較的低い。
株式会社N 製品A グループウェア機能が充実。価格も安め。
株式会社I 製品E 低価格。商品点数の多い企業向き。
株式会社S 製品S バランスのとれた機能。価格は比較的高め。
株式会社N 製品N バランスのとれた機能。価格は比較的高め。






 当初のCRMやSFAなどが定着しなかった大きな理由の一つに、エンドユーザが抵抗感を持っていた事があります。エンドユーザが従来の仕事に加え、ツールへの入力作業が増えてしまうのではと懸念したからです。実際に多くのツールで入力操作はユーザの負担になるものでした。
 BizMagicの設計思想は“現場主義”です。現場で使われなければ意味がありません。製品開発の当初から現場の意見・ニーズを積み重ねた結果がユーザインターフェースに反映されています。キーボードによる入力を極力廃止し、プルダウンリストからの選択式を多く採用しています。マウス操作が中心で入力時間を短縮します。
 下記は、営業担当者が頻繁に入力する「接点記録」の入力に関して比較したものです。このように、必須入力は極力減らしていますが、必要な情報は十分に登録できるようなインターフェースが用意されています。
お問合せ   プライバシー   会社情報
Copyright(C) 2014 Information Science and Technology Development Co., Ltd. All Rights Reserved.